トップページサイズオーダー壁面本棚・ラック列段お問合せのページ

【商品説明】 【組立て方】 【よくある質問(FAQ)】

【列段】お問合わせ

※&,<,㈱,などの特殊記号は使用しないでください。 
*お名前 お名前を入力下さい。
*メールアドレス 無効な形式です。アドレスをご入力下さい。(半角)
*お問合せ内容 お問合せ内容をご入力下さい。

TELでのお問合せ0868-36-8950

よくある質問
Q、家を新築中で設置場所のサイズがハッキリしませんが見積りデザイン図は作成可能ですか?

A、可能です。

おおよそのサイズを見積りページで入力し価格を調べ見合うようであれば見積りデザイン図をご依頼下さい。

サイズがハッキリした時点で変更していただければ問題はありません。

但し、見積り有効期限は2週間です、受注時点がズレますと価格の見直しがあるかもしれません。
納品が数カ月先の場合はご注文を先に決定いただくか、納品1~2ヶ月前にご依頼いただい方がスムーズに事が運びます。

Q, 見積りデザイン図の検討、変更依頼2週間以内とありますが。期限を過ぎると価格は変わるのでしょうか?

A, 見積りデザイン図の有効期限について

有効期限については価格面より内容面で期限を設けています。

見積りデザイン図は単なる絵ではありません。
常に制作可能状態で細部に設計されており、図に含まれない情報や数値が多く組み込まれています。
その内容は似通ったものそうでないもの様々で、どれひとつ同じものはありません。

そうしたデザイン図を常に複数件作成して発信しており、内容の変更依頼などに備え待機状態にあります。
こうした状況であまり日数が経過しますと内容の掌握に時間がかかったり、 また待機デザイン図が多すぎると設計者は混乱して間違いの元となることもあります。

このため期限は一旦2週間とさせていただいています。

もし2週間以上検討期間を要する場合はあらかじめご連絡下さい。
待機状態を一時解除し保管しておきます。(期間が長いようですと価格の見直しがある場合もあります)

Q、木材で作ると反りや「問題が多い」と工務店さんに合板仕様のものを勧められました。木材で作って問題はないのでしょうか?

A、工務店にもよると思います。「問題が多い」と言われる工務店で作ると問題は有るかもしれません。
合板仕様と木材仕様では同じ家具作りでも設備、技術面で大きく違うため作る工場も職人も異なります。

当社は家具は「木で作るもの」と考えています。 (問題のないように)

  • 合板仕様、木材仕様それぞれに欠点、利点があります、お客様のニーズや好みにより選択されれば良いと思います。

木材仕様、合板仕様の利点を少しあげておきますので参考にして下さい。

木材仕様の利点

  • 強度に優れ耐久年数が長い
  • 作り物にない美しさが有る
  • 過年変化による味が出る

合板仕様の利点

  • 豊富な色柄が選べる
  • 過年変化が少なく常に新品状態に近い
  • 量産可能で製造コストが安価
Q、建築中の家に壁面いっぱいに本棚を考えていますが組立ては工務店にお願いしょうと思います、連絡してもらいますので打合わせていただけますか?

A、打合せ、ご依頼はご注文者のみが原則です。(間違い、トラブル防止のため)

但し、次の場合に限り対応いたします。

  • 組立て、設置に関する費用、その他の取決めがハッキリ出来ている場合

それ以外は建築業者様をご注文者としてご依頼いただければと思います。

Q、設置する場所の上部に大きな梁(ハリ)がありその部分だけ低くしたのですが可能でしょうか?

A、可能です。

設置場所のサイズと梁のサイズ、位置をイラスト、画像・・等で分かるようにしてください。(必ず詳細)

【列段】本体の高さ、幅、奥行き、列数、段数をいただければ見積りを返信します。

Q、天井が2650mmの場合突っ張り幕板付きのものは作っていただくこと可能ですか?

A,可能です。

但し、材料の長さが2400mmですので側板を継足し加工する必要があります(側板1枚に付き加工料¥1,000+材料追加分)

見積りページ備考欄に記入の上ご相談いただければご回答いたします。

Q、棚板一枚あたりの耐加重は何キロぐらいですか?

A、全体耐加重は棚板のサイズより異なります、一般的には奥行き30cm×幅90cmで約20kgお目安にして下さい。

全体耐加重に対し反りを感じる限度は棚板30cm×90cmで仮に本を目一杯並べられてもシナリは感じ無いと思います。
これに対し仮に奥行きが15cm×幅が90cmですと重い本ですとシナリを感じるかもしれません。

耐加重やシナリ荷重は見積りデザイン図作成時問題があればお知らせしています。
その他は本棚全体の構造にも大きく左右されますのでサイズを指定の上、都度お問合せ下さい。

Q、組立ては一人でも出来ますか?

A,はい、可能です。(但し、個人差があります)

列段は一人で組立てできるように特に重点をおきデザインされています。
納品時には金具はあらかじめ取付けています、各部材はそう重いものではありません。(組立てページ参照)

但し大きなモノの場合は搬入、その他で助手があったほうが効率的と思います。

Q、組立ては自分でするのでしょうか?自信がないので組立ていただけないでしょうか?

当社から車で30分圏内は価格の10%にて組立て設置のサービスを行っています。

それ以外はお客様自身による組立てをお願いいたします。

Q、列段は背板がなぜないのですか?

A、当社では本棚を壁に付ける場合、壁が背板変わりになり無い方が良いと考えています。

市販されている一般的家具はほとんどがフラッシュ(中空)構造のため背板で補強しています、しかし【列段】は天然木構造のため背板を用いずともジョイント金具と技術によりしっかりしたものを作ることが可能です、このため背板は余分と考えているためデザインから排除しています。

背板なしの利点

  • デザインが綺麗
  • 組立てが簡単
  • 余分な背板スペースがない
Q、背板を付けていただくことは可能ですか?

A、背板付きでも制作は可能です。

その場合オーダーメイドからお申込み下さい。
オーダーメイドだからと言ってけっして高くなると言うわけではありません、内容が同じ場合は価格も同じです(背板+加工費用は別途必要)

Q、見積りデザイン図の目的及び確認事項について教えてください?

A、デザイン図作成の目的と確認事項

  • ご入力いただいた内容がお客様のご希望に沿っているかの再確認
  • 具体的になったデザイン図による全体レイアウトの再確認
  • 固定棚の位置確認
  • 当社とお客様相互間に勘違い、誤解、などがないかの確認
  • 内容の変更依頼をスムーズに行えるようにする
Q、見積りデザイン図は無料ですか? 

A、次の方は無料です。(キャンセルは可能)

  • 見積りページで価格検討段階をクリアした方
  • 段階を一歩進め内容を具体的にデザイン図をまじえ再確認したい方

その他は有償にて承ります。

価格だけ知りたい方は画面の見積り計算にとどめ見積りデザイン図の依頼はご遠慮下さい。

見積りデザイン図は5、10分で作れるものではありません、よく検討を重ねられて上でご依頼して下さい。

Q、デザイン図はいりませんが、合算した見積り金額を教えていただけますか?

A、価格はページ上ですべて提示しております。

合計価格のみお知りになりたい場合は、ご自身で計算してください。

Q、ショッピングカートで購入はできないのでしょうか?

A,申し訳ありません現在のところ出来ません。

サイズオーダーによる一品ごとの製作のため作り直しや交換ができません。

このため一旦間違いがないかの確認作業が必要となります。より正確な製品づくりのためですのでご理解下さい。

もし、お急ぎの場合は見積りデザイン図の工程を省くことは可能です、別途お申し出ください。

Q、集成材とはなんですか?

A,丸太からある一定の幅(20mm~60mm)に加工された板材を接着剤で接合したもの、フィンガージョイントタイプ、横接ぎタイプなどがあります、一般的には横接ぎはフィンガージョイントに比べ木目が切れないためきれいですが少し割高です。
木材は丸太のままスライスしただけでは割れ、そり、ねじれなどが強く家具製作には不向きです、それを補うものが集成材です。


Aタイプ 横接ぎ(ストレート)
パイン節あり材


Bタイプ フィンガー接ぎ(横)
パイン節なし材


Q、塗装は必要ですか?

A,はい、あったほうが良いと言えます。

自然の木材はキズ、汚れ防止や防水、保湿の面から何らかの塗装はあった方が良いと思います。(長年の変色も無塗装に比べ綺麗です)

当社では合成樹脂塗装は表面にプラスチック系途幕層を形成するため木質感を損なうことが大きいため、オイル仕上げをお勧めしています。

取扱い塗装

  • 亜麻仁油仕上げ(棚、その他家具)
Q、オイル仕上げとは

オイルと申しましても固まる油(乾性油)のことでベタベタ、ヌルヌルするものではありません。
当社では麻の実からとる亜麻仁油(ボイル)を主体に使用しています、木材表面に浸み込み塗布後1,2日で初期乾燥硬貨し、その後徐々に空気により酸化が進み硬度上がります。
お手入れは良く乾拭きすることです、(数ヶ月に一度塗り重ねればなお良い)

Q、ホルムアルデヒドは使用していますか?

ホルムアルデヒドは固有の物質ではなく簡単に言えば香りのことです。

有害なものと無害なものとが有り、近年シックハウスなどで問題になっている家具や建材に使用する接着剤や塗料の乾燥過程に発散するものは悪性といえます、初期乾燥は比較的早く1、2日ですが完全乾燥には数ヶ月を要します、乾燥すればホルムアルデヒドの発散はなくなりますが温度、湿度の変化で再び発散をする場合もあります。
広くは木の香りも一種のホルムアルデヒドで森林浴は人にリラックス効果もあり良性といえますが人によってはアレルギーを引き起こす場合もまれにあるようです。香りに敏感でアレルギー性のある方は喚起をして樹脂分乾燥を早めるようにすることをお勧めします。

Q,接着剤は何を使用されていますか?

【列段】は集成材製作工程で使用されているもの以外、当社では接着剤を使用しておりません 。

Q、パイン材ってなんの木?

松科の針葉樹です、当社扱いのものはレッドパインといわれヨーロッパ(北欧)が原産のものです、パインはそのほかにラジアタ、メルクシ、ニィージー、などなど他にも沢山の種類があります、中でも北欧産のもの代表格といえます、家具や建築材によく使われるわけは、まっすぐで木目、加工性、安定性などが良いようです。家具に使用する材は乾燥の度合いが建築用とは異なります。

Q、パイン材(節あり)で比較的節の少ない物で作っていただくことは可能ですか?

A, 節の多い、少ないをより分けながら作ることは残念ながらできません。

集成材工場にて選別し作られていますので比較的、節は平均化しておりますが、あくまで自然の素材でありますので一つ、一つは違います。